雪浦の近くに建設予定の風力発電、何が問題なの?

雪浦のすぐ近くに風力発電所建設の計画があります。

1月11日の夜、有志住民による「風力発電の何が問題なのか」の勉強会を行いました。

ゆきやで行った勉強会には15名の住民が集まりました。

これは、瀬戸地区の説明会で配られたものです。

 

建設予定地は、雪浦ゲストハウス森田屋の上の方向にある山の上。

日本最大規模の風力発電で、羽の直径(ブレードと呼ばれるもの)117メートルと大変大きいものです。3基建設予定となっています。

これは、瀬戸地区の説明会で配られたものです。これから調査が始まるという状況です。

 

放射能も電磁波も出さない風力発電。クリーンで安全って思われがちですが・・・

世界中で様々な健康被害が報告されています。一体、何が問題なんでしょうか

騒音・低周波音が発生します。

風力発電からは、低周波音(100 Hz以下)・超低周波音(20 Hz以下)が発生します。

超低周波音は、人の耳には聞こえません。

低周波音は、遠方まで届き、壁を通り抜け、低い方へ流れ、狭い場所で反響する性質があります。

 

低周波音による健康被害が世界中で報告されてます。

睡眠障害、血圧障害、頭痛、耳鳴り、吐き気、抑うつ、不安、腹・胸部の圧迫感、肩こり、 手足の痺れ、動悸、脱毛、ストレス、イライラ、集中力の欠如、脱力感など

(「風力発電、健康被害」とネットで検索してみてください。様々な報告があります)

妊婦や小さい子供への影響が大きい

風力発電所から2㎞くらいまで影響(雪浦集落までは約500800m)

 

雪浦の近くに風力発電所ができると、どうなるの?

風力発電による健康被害は、遠くに離れるか、風力発電を止めるしか解決方法がありません。

一日中雪浦にいる子供やお年寄りに被害が出やすく、絶え間ない騒音と耳に聞こえない低周波の影響でイライラし集中力も失われます。慢性的な体調不良に苦しめられます。

山々に囲まれた雪浦集落に低周波音が流れ込み、反響すると、さらにどのような影響があるか不安です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11日の勉強会では、

この計画自体をほとんどの人が知らないので、まず、多くの人にこの計画のことを知ってもらおう!

風力発電が持つ問題点を、多くの人に知ってもらおう!

ということになりました。

住民にとっては何の利益もない、地域に問題しかもたらさないもの。

 

今のままの幸せな雪浦の生活を守るために。風力発電が近くに建設されたら困ります!!

 

このことを簡単にまとめたもの(A4一枚)が下にあります。

保存して印刷することができます。

これを読んだ方、よかったらお隣の方に、このことをお伝えください。

まず、多くの方にこのことを知ってもらって、どうしたらいいのかを一緒に考えていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。