自分の住む街を好きになる・・・ 雪浦小学校3年生の社会科の時間

雪浦小学校は、全校児童36名の小さな素敵な小学校です。

地域の方に見守られ、たくさんの経験・体験を積み重ね、すくすく育っています

さて、3年生になると、1・2年生の生活科という教科が、社会科と理科という教科に分かれていきます。

そして3年生の最初の社会科の内容は、「自分たちの住む街をしらべよう」。どんな町に住んでいるのか、探検して調べて、地図を作り、特徴を知っていきます。

 

4月25日の様子です。

「私たちの住む雪浦・・・、どんな町かな?」

「高いところから見たらいいよ!!」「お寺からがいいよ!! 高いところにあるもん。」

…ということで石段を登ってお寺に来ました。

「もっと高いところから見たい!!」

そこで真光寺の武宮さんにお話しを聞きました。

真光寺から少し上がったところに素敵な家がありました。

「ここは、学寮といいます。昔、遠くから勉強しに来た方が泊まったところなんですよ・・・」「へー、雪浦に遠くから勉強しに来ていたんだ~」

「あっ!さっきよりよく見える・・」「川が見えた。」「うーん、橋が見えない。」「むこうに海があるんだけどな・・・」

「もっと高いところから見たい!!」

そこで、武宮さんがもっと高いところへ案内してくれました。

竹に囲まれた石段を登っていくと・・・

「うわ!!たかい~」

「見える!!ほら、後ろの浜も。橋も見えるよ!!」

「私の家も見える!」

「あっちに、学童の畑がみえる」

「川の周りに家があるんだね。」

「家の周りに山がある。」

「山に囲まれているんだね。」「家がまとまっている。」「家の向こうは田んぼだ。」

「雪浦ってきれいだね!」「うん、きれいだね。」

本当に雪浦はきれいです。

「今度は僕の家の方に行ってみたい。」「私の住んでいるのはこの辺だよ・」

「雪浦、大~好き!」

「ありがとうございました!!」

 

「石段を数えて帰ろ!」「1,2,3,4、・・・・・・51!」