とんばんさんが、雪浦にやってきた!! 

本当に来たんです!!瀬戸のとんばんさんが雪浦に

「雪浦の秀一楼前に、とんばんさんが来るらしいよ・・・」と、朝、督郎さんから電話があって、半信半疑でブログにアップしたものの・・・

本当に?・・・と、正直、私は信じかねていたんです だって、瀬戸の大事なお祭りですよ!!隣町の雪浦まで、なんで?どうやって・・・?

そしたら、なんと!!時間どおりに、タクシーで駆けつけてきてくれました びっくりこりゃあ、たまげた

雪浦は、一気にお祭りムードに

「とんばんさん」は、海の安全と大漁祈願の神様を祀る瀬戸の琴平神社の春季大祭です。

昨日は、神様が山のお宮から下へおりてくる「お下り」。今日は、神様が下から山のお宮へ帰っていく「お上り」です。

よく見ると、どの顔にも、タコ、エビ、イカ、ヒラメ、カレイ・・・海の幸の絵が描かれています。

お下りの昨日は、山から海へのお下りなので、山の幸ナスビやニンジン、キュウリなどを描き、今日は、海から山へ神様がお帰りになるので、海の幸を描くんですって!! なんて素敵なんでしょう!

ヒラメ?

イカかしら・・・

イイダコですって。

イセエビですね。

カレイかな?

右の頬には「秀一楼」、左の頬には「雪浦パニーニ」。おなじみ松永さんです

タコですね。

横向きタコ。

そして、琴平神社に祭られている金比羅様(こんぴらさま)の「金」。みなさん、いい顔しています!!いい絵ですね~

130年の伝統を感じる、瀬戸のとんばんさん。

ご近所さんも、とんばんさんが来るらしいよ・・・との情報に、少しずつ集まりだしました。

のどかな、のどかな雪浦です。ありがとうございました。瀬戸から福を運んでくれました。今年は、雪浦にいいことがおこります!!瀬戸からの、粋な贈り物でした。